科学研究費の成果| IF=12.6の化学誌の2012年以降の論文で高引用度ランキング5位

泉 康雄と表面化学グループのウェブサイト サイトマップ

2017年12月14日 木 16:07 更新

ようこそ!

論文

著書・総説

研究紹介

経歴

アクセス

連絡先

言いたい放題

研究グループ

リンク

 

 

HUST November 20 2017Mao

 

代表的な審査論文誌:(1) Journalof the American Chemical Society, (2) Journal of the Brazilian Chemical Society, (3) Angewandte Chemie, (4) Chemical Communications, (5) New Journal of Chemistry, (6) Chemistry Open, (7) Chemistry Letters, (8)Bulletin of Chemical Society of Japan, (9) International Journal of Molecular Sciences

(10) Journal of Physical Chemistry C (Journal of Physical Chemistry, Journal of Physical Chemistry B), (11) Physical Chemistry Chemical Physics

(12) Analytical Chemistry, (13) Inorganic Chemistry, (14) Coordination Chemistry Reviews

(15) Chemistry of Materials, (16) Journal of Materials Chemistry (Journal of Materials Chemistry A), (17) Advanced Materials, (18) Journal of Materials Science, (19) Materials Letters, (20) Materials Chemistry and Physics, (21) Journal ofSolid State Chemistry, (22) Solid State Sciences, (23) Microporous and Mesoporous Materials, (24) Dyes and Pigments, (25) Journal of Alloys and Compounds, (26) Journal of Nanoscience and Nanotechnology, (27) Materials (MDPI), (28) Polymer

(29) Langmuir, (30) ACS Applied Materials and Interfaces, (31) Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects, (32) Applied Surface Science, (33 e-Journal of Surface Science and Nanotechnology, (34) Thin Solid Films

(35) ACS Catalysis, (36) Catalysis Science & Technology, (37)Journal of Catalysis, (38) Applied Catalysis A: General, (39) Applied Catalysis B: Environmental, (40) Journal of Molecular Catalysis A: Chemical, (41) Catalysis Letters, (42)Catalysis Today, (43) Topics in Catalysis, (44) Catalysis Communications, (45)Current Catalysis, (46) Journal of Photochemistry and Photobiochemistry A: Chemistry

(47) Environmental Science and Technology, (48) Chemosphere, (49) Journal of Air & Waste Management Association, (50) Journal of Hazardous Materials, (51) Journal of Clearner Production, (52) International Journal of Hydrogen Energy, (53) Nano Energy, (54) Fuel, (55)Journal of Environmental Chemical Engineering, (56) ACS Susutainable Chemistry and Engineering

(57) Chemical Engineering Journal, (58) Industrial and Engineering Chemistry Research, (59) Journal of Industrial and Engineering Chemistry, (60) Korean Journal of Chemical Engineering, (61)Journal of the Taiwan Institute of Chemical Engineers, (62) International Journal of Thermal Sciences,

(63) Chemical Physics Letters

武漢旅行記 作成中・・・

 

表面化学研究室の説明会

予定:1〜2時間程度(一部参加可能)
内容:卒業研究の紹介、最近の成果・活動状況、奨学金、就職、研究室生活についてのQ&A(院生らメンバーも回答します)

【1回め】12月1日(金)13時
【2回め】12月18日(月)
14時30分 〜 3限が空いている人は13時頃から飲み物等用意してご説明します。4限に泉が説明します。

場所:理学部3号棟2階203室

泉(時間の都合が合わない人はご連絡ください。)

 

ようこそ、泉 康雄と表面化学グループ(千葉大学大学院理学研究科)のウェブサイトへ。1997年に横浜市緑区で開始した「泉 康雄のウェブサイト」の系譜を汲む、インターネット界の老舗です。

 

触媒反応や環境科学での表面化学反応を詳細に観察し、高機能表面物質を新規に開拓し、環境や省資源へフィードバックします。研究成果、現在進めている研究、さらに展望をご紹介いたします。自然の中に潜んでいる法則を見つけ出したり、自然を詳細に分析する術を創り出す日常は地道なものです。しかし、そうした日常で感じたことを、2000年から15年以上の伝統を誇る「言いたい放題」に綴ってまいります。ブックマークのほど、よろしくお願いいたします。